So-net無料ブログ作成
検索選択

AIBO合同葬儀。 公式の修理窓口は既に閉鎖。今後の修理は? [AIBO 修理]

かつて、一世を風靡したAIBOですが、
合同葬儀が執り行われています。

愛くるしい外見、
本物の犬のような仕草、
徐々に賢くなる、
などが世間に受け、1999年発売直後は、25万円という価格に関わらず、
初回3000台が、わずか30分足らずで
売り切れる程の人気でした。

今では、ソニーの経営不振により、
2006年に生産販売が終了、
2014年に修理窓口が閉鎖しています。

01.jpg
http://www.sony.jp/products/Consumer/aibo/

◆元ソニー技術者が愛好家のため



AIBOは生き物ではありませんが、
部品の劣化による「寿命」があります。

今もAIBOを愛用されている人のため、
元ソニー技術者が、
修理専門工房「A FUN」において、
AIBOの修理を行っています。

AIBOの部品は既に生産されていないので、
部品の入手元は、「ドナー」となる他のAIBOのみです。

今回、行われた合同葬儀のAIBOも、
修理工房の者へ行き、ドナーとなって、
修理されたAIBOの一部となって、
生き続けることとなります。

img_spec01[1]1.jpg
<<スポンサーサイト>>





◆AIBOを所持されている方



寿命が来てしまい、
動けなくなったAIBOを所持されている方。

「放っておくのも勿体ないな」と、
思われる方は、上記修理専門工房へ、
引き渡すのも良いかもしれませんね。

aibo dog_3.jpga5a6e6a1-9251-487e-b4d1-2564a3b18791Large.jpg


スポンサーリンク




タグ:AIBO 修理
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © たまねぎ術師の最新ニュース速報 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。