So-net無料ブログ作成

白杖とは? 持ち込み制限は差別? 障害者が愛知県議会に抗議 [政治]

傍聴を望む視覚障害者に対し愛知県議会が白杖(はくじょう)の持ち込みを制限しているため、
名古屋市の障害者団体「愛知障害フォーラム」が23日、改善を申し入れる、というニュースがありました。

持ち込みを制限している理由としては、
愛知県議会は白杖を「危険物」としており、
持ち込みには議長の許可が必要となっております。

許可性を採用している点を、障害者団体は「差別だ」と抗議しています。


「何故、杖が危険物に?」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
県議会の傍聴規則は、杖や傘は「投げ込まれる危険性がある」として持ち込みを禁じています。


そもそも、白杖とはどういった物でしょうか。
少し調べてみました。

===========================================
白杖(はくじょう、White cane)とは視覚障害者(全盲およびロービジョン)が歩行の際に
前方の路面を触擦して使用する白い杖である。
大きさは直径2cm程度、長さ1mから1.4m程度のものが一般的である。

主な役割
 ・安全の確保(前方の障害物や危険の防御)
 ・歩行に必要な情報(段差や歩道の切れ目等のランドマーク)の収集
 ・ドライバーや他の歩行者・警察官などへの注意喚起

Wikipedia参照
400px-Long_cane_folded.jpg
400px-Long_cane.jpg
===========================================

つまり、視覚障害者の方の「目」の役割を果たすものになります。
同時に、「自分が視覚障害者であることを外部に伝える」役目も果たしています。

眼が見えにくい人や見えない人が白杖を持つことは、法律で義務づけられてもいます。

まさに、視覚障害者の方にとっては、無くてはならない物と言えるかもしれません。


ただし、白杖を持った人が全てが「全盲」というわけではなく、
強度弱視(顔をつけるほど接近すれば見られる)や、
視野狭窄(見える範囲が狭い)など、
「見えにくい人」が持つ場合も多く、視覚障害の程度は様々だそうです。


議会への持ち込み制限については、
過去に「杖や傘が投げ込まれた」などの実例があるかどうかまでは分かりませんが、
実例がないのであれば、許可制にせずとも良いような気もしますが。



因みに、白杖のお値段は、3,000〜7,000が相場のようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
広告スペース
Copyright © たまねぎ術師の最新ニュース速報 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。