So-net無料ブログ作成
テニス ブログトップ

錦織圭選手 決勝戦でフェレールに敗れる! メキシコ速報 [テニス]

メキシコ・オープン決勝戦 錦織圭 VS フェレール 錦織圭ストレート負け!

錦織圭選手、残念ながら破れてしまいました・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]
スコアは、3−6、5−7とストレート負けでした。

相手は、ダビデ・フェレール選手。
フェレール選手との対戦成績は、7勝3敗と相性が良いと言われている相手なのですが、
今回は、フェレール選手に軍配が上がりました。[グッド(上向き矢印)]

錦織圭選手が、初めて世界ランクトップ10に勝った時の相手も
このフェレール選手でした。

勿論、相手も世界ランク9位のトッププロ。
そう簡単にはいきません。[ふらふら]

錦織圭選手のフェレールとの対戦成績はこれで7勝4敗

2015年
[NEW]× メキシコ・オープン 3−6、5−7
2014年
 ◎ 全豪オープン 6−3、6−3、6−3 ハード
 ◎ ATPワールドツアーファイナル 4−6、6−4、6−1 ハード室内
 ◎ ATPワールドツアーパリマスターズ 3−6、7−6(5)、6−4 ハード室内
 ◎ ATPワールドツアーマドリードマスターズ 7−6(5)、5−7、6−3 クレー
 ◎ ATPワールドツアーマイアミマスターズ 7−6(7)、2−6、7ー6(9) ハード
2013年
 × ATPワールドツアーマイアミマスターズ 4−6、2−6 ハード
 × 全豪オープン 1−6、4−6 ハード
2012年
 ◎ ロンドン五輪 6−0、3−6、6−4 芝
2011年
 × 東京 6−4、6−3 ハード
2008年
 ◎ 全米オープン 6−4、6−4、3−6、2−6、7−5 ハード

錦織圭選手が飛躍的に進化したと言われる去年は、
対フェレール戦は全勝でした。[ぴかぴか(新しい)]

フェレールの方がもう32歳になるので、
年齢的にも、年々勝つのが難しくなってきたと言われていますが、
流石は長年世界第1線で活躍したトッププロ。
まだまだ強いです。

去年は、フェレールとの試合は5試合ありましたが、
今年は、何度対戦があるのか、
そこも注目ですね[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

テニス 錦織圭 メキシコ決勝進出! 世界4位確定!試合詳細も! [テニス]

テニス 錦織圭 メキシコ決勝進出! 世界4位確定!試合詳細も![テニス]

f-sp-2015-0228-0001-ns-big.jpg
http://www.nikkansports.com/sports/news/1440158.html


速報です!!
男子テニスツアーのアビエルト・メキシコ・テルセル男子
(メキシコ/アカプルコ、ハード、賞金総額1,548,755ドル、優勝賞金343,000ドル)は
シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)は、
第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。

見事勝利を収めました[exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2]



▼ 第1セット 6-2 ▼
 第1ゲーム 0−1
  アンダーソンのサービスからのスタート。
  1ポイント目は錦織圭選手が取るものの、アンダーソン選手がキープ。
 第2ゲーム 1−1
  錦織圭選手がサービス。このゲームのキープに成功。
 第3ゲーム 2−1
  アンダーソン選手がサービス。
  このゲームも1ポイント目で錦織選手がとります。
  アンダーソンのフォアがアウトとなり0-30と連続ポイント。
  続いて、ダブルフォルトで0-40とし錦織に初めてブレークチャンスが訪れます。
  ロングラリーの末にバックハンドのダウンザラインを決め先にブレーク!!
 第4ゲーム 3−1
  錦織がサービス。
  最初のポイントでセンターへサービスエース、
  このゲーム3度のエースを決め見事ラブゲームに成功し、キープ。
  リードを広げます。
 第5ゲーム 3−2
  アンダーソンがサービス。
  アンダーソン選手も負けじと、巧みなドロップショットで
  アンダーソンもラブゲームでキープする。
 第6ゲーム 4−2
  錦織がサービス。
  ストローク戦を制し40-15と錦織がリードし、
  最後はフォアハンドのダウンザラインを決め危なげなくサービスキープ。
 第7ゲーム 5−2
   アンダーソンがサービス。
   やはり、このゲームも錦織が1ポイント目を取る。
   アンダーソンのバックハンドがネットにかかり0-30、
   アンダーソンのアックハンドがサイドアウトとなり0-40と、
   再びブレークチャンス。
   1度目のチャンスで錦織がバックハンドでクロスにリターン、
   アンダーソンのバックハンドがネットとなり錦織が2ブレークアップ!
 第8ゲーム 6−2
  錦織のサービング・フォー・ザ・セットとなるこのゲーム、
  錦織は1ポイント落とすも40-15とセットポイントを掴みます。
  しかしここからアンダーソンが追い上げデュースまで持ち込みますが、
  3度目のセットポイントでストロークを決め第1セットを33分で先取する。
  


▼ 第2セット 3-6 ▼
 第1ゲーム 0−1
  アンダーソンのサービスで始まった第2セット。
  錦織のバックハンドに対し、アンダーソンもバックハンドを決め40-0としますが、
  アンダーソンのミスが続きデュースとなります。
  それでも最後はファーストサービスを2度連続で決め、キープに成功する。
 第2ゲーム 1−1
  錦織がサービスのこのゲーム。
  危なげなくラブゲームでキープに成功する。
 第3ゲーム 1−2
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  錦織はストローク戦を制し15-40と、ブレークチャンスを掴みますが、
  活かすことができずにデュース。
  最後はアンダーソンがサービスを続けて決めキープに成功する。
 第4ゲーム 2-2
  錦織がサービスのこのゲーム、アンダーソンとは対照的にラブゲームキープを続ける。
 第5ゲーム 2−3
  アンダーソンがサービスのこのゲー。
  最後は錦織のドロップショットがネット、
  アンダーソンがこのセット初めてラブゲームでキープする。
 第6ゲーム 2−4
  錦織がサービスのこのゲーム、
  アンダーソンがフォアハンドの逆クロスを決め30-15とし、
  初めてリターンゲームでポイントを取ると30-30と続けてポイントを取り、
  アンダーソンのストロークが第1セットよりも調子を上げてきています。
  デュースとなり錦織はフレームショットし、
  この試合初めてアンダーソンにブレークチャンスを許すと、
  回り込んだフォアハンドがアウトとなりこのセット先にブレークを許します
 第7ゲーム 2−5
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  錦織が先に攻め0-30とするも、アンダーソンが追い上げダブルフォルトでデュース。
  最後はアンダーソンがワイドにエースを決め、
  ファーストサービスをセンターに決めアンダーソンがキープします。
 第8ゲーム 3−5
  錦織がサービスのこのゲーム。
  アンダーソンにポイント先行を許しますが追いつき30-30、
  アンダーソンがバックハンドのリターンをネットにかけデュースとしますが、
  最後はアンダーソンのミスでこのゲームをキープする。
 第9ゲーム 3−6
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  アンダーソンが40-0とすると最後はワイドにサービスエースを決め、
  アンダーソンが第2セットを取り追いつきます。

▼ 第3セット 6-3 ▼
 第1ゲーム 0-1
  錦織のサービスで始まった第3セット、
  アンダーソンがペースを上げ先にブレークチャンスが訪れると
  最後はフォアハンドをネットにかけ、錦織は先にブレークを許す
 第2ゲーム 1-1
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  アンダーソンのフォアハンドがネットにかかり0-40とブレークバックのチャンス。
  アンダーソンはフォアハンドのウィナー、ワイドにサービスエースを決め30-40と
  盛り返しますが、最後はアンダーソンのストロークがアウトとなり、
  ブレークバックに成功!
 第3ゲーム 2-1
  錦織がサービスのこのゲーム、
  錦織は40-0から1ポイント落とすが、
  最後は綺麗にダウンザラインを決めキープに成功!
 第4ゲーム 3-1
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  アンダーソンのフォアがネットにかかり0-30とポイント先行する。
  フォアハンドのチャンスボールをアウトし0-40と
  錦織にチャンスが訪れると2度続けてサービスエースを決めるが、
  最後は錦織がストローク戦を制しブレークに成功する
 第5ゲーム 4-1
  錦織がサービスのこのゲーム、
  錦織はセンターへサービスエースを決め15-15、
  フォアハンドを2度続けてネットにかけ15-40と、
  アンダーソンにブレークバックのチャンスを与える。
  錦織がロングラリーを制し30-40、アンダーソンがフォアハンドをアウトし、
  デュースとする。
  アンダーソンのショットがネットにかかり錦織がキープに成功する。
 第6ゲーム 4-2
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  錦織は第5ゲームを終えゲームシャツを着替え試合に臨む。
  アンダーソンがポイント先行し30-0、
  錦織は2メートルを超えるアンダーソンをロブで抜き去り15-30とするも、
  アンダーソンが2ポイント連取しアンダーソンがこのゲーム初めてキープに成功する。
 第7ゲーム 5-2
  錦織がサービスのこのゲーム、
  1ポイント目を落とすも錦織が4ポイント連取しキープに成功する。
 第8ゲーム 5-3
  アンダーソンがサービスのこのゲーム、
  アンダーソンはサービスだけ決め、ラブゲームキープに成功する。
 第9ゲーム 6-3
  錦織がサービスのこのゲーム、
  アンダーソンのバックハンドがアウトとなり30-0、
  ファーストサービスを決め40-0とマッチポイントが訪れる。
  最後はセンターにサービスエースを決め2時間1分で[ぴかぴか(新しい)]
  


ストローク戦にことごとく上回った、錦織圭選手! これで、世界ランク4位が確定です!![NEW]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

テニス 錦織圭選手 速報 メキシコベスト4! 今日勝てば世界4位確定!! [テニス]

テニス 錦織圭 メキシコ初4強!次戦勝利で世界4位確定[テニス]

暗い話題が続いたので、明るい話題を[わーい(嬉しい顔)]

m_2014_nishikori.jpg
http://news.tennis365.net/news/tour/players/photo/m_2014_nishikori.jpg


メキシコ・アカプルコで開催されているメキシコ・オープン。
26日、準々決勝が行われ世界ランク5位、第1シードの錦織圭(日清食品)は、
同ランク33位で第5シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦し、
6-46-4のストレートで快勝しており、ベスト4進出[ぴかぴか(新しい)]

ファーストサービスの確率が66%、セカンドサービスが入った時には76%と、
高い確率でポイントを奪い、3度のブレイクを決め勝利しております。

錦織圭選手と、ドルゴポロフ選手はジュニア時代からのライバルで、
国際ジュニア大会の決勝においても、激戦を繰り広げ、
錦織圭選手が見事勝利し、初めての優勝を果たしております。
今回で3度目の対戦となり、これで錦織圭選手は3戦全勝としています。



現在、準決勝で第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦中で、
1セット目が終了。
錦織圭選手が、6−2で第1セットを取っております!!


アンダーソン選手とは、先日行われたメンフィス・オープン決勝で対戦し、
錦織がストレートで下し自身初の3連覇を果たしており話題となりましたね。
showPhoto.jpeg



また、今週ドバイで行われているドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権男子に
出場しているA・マレー(英国)が準々決勝で敗れたため、
錦織がアンダーソンに勝利し決勝進出した場合4位になることが確定しており、
非常に注目を浴びております。

2015.2.23時点でのATPランキングは以下の通りです。

順位 名前     国籍 ポイント 大会 勝敗 勝率 優勝
1 ノバク・ジョコビッチ  SRB 13,045 18 9-1 90% 1
2 ロジャー・フェデラー  SUI 9,205  19 6-1 85% 1
3 アンディ・マリー    GBR 5,460 21 8-2 80% 0
4 ラファエル・ナダル   ESP 5,425 19 7-3 70% 0
5 錦織圭         JPN 5,205 20 10-2 83% 1
6 ミロス・ラオニック   CAN 4,980 24 10-4 71% 0
7 Wawrinka, Stan    SUI 4,595 21 15-2 88% 2
8 トマーシュ・ベルディハ CZE 4,460 24 13-3 81% 0
9 ダビド・フェレール   ESP 4,185 24 13-1 92% 2
10グリゴール・ディミトロフBUL 3,465 21 6-3 66% 0

こうしてみると、1〜5位の中に「錦織圭」の名前があることに、
改めて、驚愕しますね。

果たして、今日の試合に勝利し、世界4位へと順位を上げることができるのか、
注目したいと思います[ひらめき]

[NEW]速報[NEW]
錦織圭選手勝利!!世界4位確定!!
世界3位の可能性も!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

テニス フェデラー 驚異の20連続ポイントで8強! ドバイ・テニス選手権 [テニス]

テニス フェデラー 驚異の20連続ポイントで8強! ドバイ・テニス選手権[テニス]

img_d40b6f1bb2d585d412f1cd505f1bb066136934.jpg

AFPによると、テニス、ドバイ・テニス選手権 男子シングルス2回戦に、
大会第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)が登場。
6-4、6-3でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を下し、準々決勝に駒を進めたと報じています[ぴかぴか(新しい)]


第1セットで1-4とベルダスコにリードを許したフェデラーですが、

ここから、5ゲームすべてラブゲームで奪取[exclamation×2]

20連続ポイントで驚異の逆転劇を見せたそうです。


相手のベルダスコ(スペイン)は元世界ランク7位の強豪で、
バドミントンのようなジャンプスマッシュでフェデラーを追い詰めたものの、
四大大会(グランドスラム)男子シングルスの最多優勝記録を持つフェデラーが、
技ありのショットで試合の主導権を取り戻す。

両選手は、第2セットでもブレークを奪い合ったが、
最後はフェデラーが積極的なプレーで勝利をつかんだ。

フェデラーはこの試合に関して、

「スコアはあまり良くなかったけど、そこまで落胆していない。自信をなくしたくなかったからね」
「そんなにたくさんのポイントを連取しているとは思わなかったよ」

と語っています。
まぁ、負けていたので、試合の最中はあまり意識がなかったんでしょうね。

フェデラーは次戦で、元トップ10選手のリシャール・ガスケ(フランス)と対戦するそうです。



今回は、20連続ポイントということでしたが、
連続ポイントの世界最高記録ってどのくらいなんでしょうね?
少し調べてみましたが、よくわかりませんでした・・・。

テニスでは、1セットに連続24ポイントとり、相手に1ポイントも取らせないことを、
ゴールデン・セット」というらしいです。[ぴかぴか(新しい)]

公式戦での「ゴールデン・セット」は、
2012年のウィンブルドン選手権女子シングルス3回戦で、
ヤロスラワ・シュベドワ(カザフスタン)がサラ・エラニ(イタリア)と対戦し、
「ゴールデン・セット」を達成して話題となりました。

これが 1968年のオープン化以降、女子で初めての記録で、
男子を含めると83年にビル・スキャンロン(米国)が達成して以来2人目と、
大変珍しく、もの凄いことのようです[exclamation×2]



連続ポイントの記録を調べている最中に、面白い記録があったので、ご紹介を。

それが、「3日間に渡ったテニス史上最長試合」です

2010年のウィンブルドン男子シングルス1回戦、
ジョン・アイズナー対ニコラス・マウにおける、
テニス史上最長となる「11時間5分」のまさに死闘と呼ぶにふさわしい戦いです。

5年前の記録なので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

2度の日没順延を挟んで、3日間(!)に渡って行われたこの試合のスコアは、
6-4, 3-6, 6(7)-7, 7-6(3), 70-68!!
最終セットだけでも8時間11分で、以前の最長記録6時間33分を上回るものでした。

20140918_wimbledon_k1-1.jpg

最終セットのデュースが、テニスの点数じゃなくなってますね!

両者合計215本のサービスエースを記録。

この試合で、アイズナーは112本のサービスエースを放ち、
これは2008年にイヴォ・カルロビッチが記録した78本を大きく上回る新記録。
また、マウも103本のサービスエースを放ち、こちらも歴代2位の記録となりました。

他にも様々なありえない数字が並んだこの試合では、計12のギネス世界記録が生まれたそうです[NEW]

計12のギネス世界記録の全部は分かりませんでしたが、
少なくとも、最長時間については、破られないでしょうね[exclamation×2]

その時の動画がこちらです。

Original:ROLEX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テニス ブログトップ
広告スペース
Copyright © たまねぎ術師の最新ニュース速報 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。